第35回アグリビジネス-カフェ(H27.9.30開催)
2015.09.03

第35回アグリチラシ自然界には、約1万種の植物病原菌が存在します。自発的に移動することの出来ない植物は、自然界において多くの植物病原菌と接触の機会を持つことになりますが、植物病原菌との接触がすべて病気の発症に結びつくことはありません。

例えば、イネに病気を引き起こすことのできる植物病原菌は120種類程度であり、この中でも重篤な病気を引き起こす病原菌は10種にもなりません。
すなわち、自然界に存在するほとんどの植物病原菌はイネに病気を引き起こすことが出来ないということです。この理由についてはこれまでよく分かっていませんでしたが、近年の研究で植物はほとんどの植物病原菌を認識して、植物独自の免疫反応を誘導することで、病原菌の感染から自己を守っていることが明らかになりました。


そこで、今回のアグリビジネス-カフェでは、植物による病原菌の認識機構とそれによって誘導される植物の免疫機構について詳細に解析します。


参加申込みは、第35回アグリビジネス-カフェ案内チラシをダウンロードしていただき、参加申込書をご記入のうえFAXしていただくか、①氏名、②企業名/団体名、③所属部署名、役 職、④住所、⑤TEL、FAX番号、⑥メールアドレス、⑦交流会参加の有無 を明記の上 info@biobiz.jp までメールしてください。


内容

 連続講座 
知っているようで知らない植物
‐現代科学が解き明かした植物のしくみとその営み-
第3回 植物の病気とそれに対抗する植物の免疫
 講師 : 蔡 晃植 氏
      (長浜バイオ大学大学院バイオサイエンス研究科 研究科長/
       長浜バイオ大学 教授)
 座長 : 森 建司 氏
      (一般社団法人バイオビジネス創出研究会 顧問理事)

日時 平成27年9月30日(水)
講演会15:00 ~ 17:30(講演会終了後18時より交流会を開催します。)
会場 長浜バイオ大学 命江館3階 中会議室④
(交流会は、村さ来長浜駅前店で開催します。)
参加費 無料(交流会参加の場合は、参加費3,000円)
参加申し込みはこちらから info@biobiz.jp